メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【中野】アニソンカラオケバーZに行ってきました

更新日:

2020年7月29日訪問。

東京都中野区のアニソンカラオケバーZに行ってきました。

アニソンバーZはどんなお店かしら?

中野の有名なアニソンバーだね!
店長さんの昭和アニソン愛にほだされて歌いたくなるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 JR中央線中野駅から徒歩約5分ほどのところにあります。

①中野駅を降りたら北口を出て正面に見えるサンモール入り口から直進します。

②100メートルほど進むと東西に延びる三番街の交差点に来ますのでそこから右折して直進します。

③三番街を直進して100メートルほど進み「区民の広場」という掲示板がある丁字路を左折します。

④直線に30メートルほど歩くと第2三京ビルがありますのでそのビルの3階にあります。

白いタイルが特徴で入居テナント一覧を見上げれば、上から三つ目に店舗名が見えるのと、開店近くになるとビル1階の階段近くに立て看板が出ますので、それで確認ができるかと思います。

2:雰囲気

 3階に上がりドアを開けるとたくさんの額縁、ポスター、タペストリーフィギュアの数に驚かされます。

店内はライブハウスのような雰囲気で、照明をかなり絞りカラオケが流れないときは薄暗いに近いぐらいの光量で、ダウンライトの柔らかい照明がところどころでついています。

入り口から見てすぐ右側の隅がステージになっており、一段高くなっており歌いやすいようにモニタが設置してあります。

左側を見るとボックス席がありこちらも一段高くなっています。

コの字に配置され計9人分のシートになっています。

左奥にはカウンターが設置してあり3席用意があり、客席側カウンターの背後には2人掛けのテーブルが1卓あります。

入り口側が黒の壁紙、店奥側が白の壁紙とモノトーン調になっており、ステージ側で照明が黒にあたることで映えるように感じます。

そしてそこにたくさんのポスター類があることでひときわアニメキャラが引き立っているのと、しっかりと自店オリジナルキャラがステージの後ろに貼られていて独自性も確保している配置をしっかり考えた造りだと思います。

若干ですがジョジョ関連のポスターが多めか、石仮面まであるところジョジョ好きな気がしますね。

カウンターの上にもフィギュアが所狭しと飾っており、高価なフィギュアはボックス席と店舗奥側にアクリルケースが設置してあり、しっかりと施錠して陳列してあります。

モニタも配置がしっかりしており、どの席から座っていても画面が見えるため「皆で一緒に盛り上がりたい」、を訴求している配置になっていますね。

大小合わせ計4台が壁掛けしてあり歌詞が見えるので、不要な席移動をする必要なくその場で盛り上がれるのは設置の仕方も素晴らしいと思います。

3:システム

 飲み放題制で運営されています。

1時間2600円で飲み放題、延長は30分刻みで1300円、女性はなんと700円引きという事でアニソン歌いたい女性は大変お得に利用できますね。

また早割というものもあり、18時から開店ですが18時30分までに来店するとその時間は2100円と500円引きになる特典がありますので、中野に18時に着いたなら早めに来店して利用するというのもありですね。

ドリンク類は通常営業時は盛り上げ隊と称する女性スタッフがドリンクを用意しますが、特定のイベント日のみドリンク類はセルフでの提供となり、上記にあった2人掛けのテーブルはリキュール、ソフトドリンクなどが多く置かれ客席としては利用されず、そこで各々好きにドリンクを作って席に戻るというシステムになります。

ただし通常時イベント時に限らず常にビールのみサーバーから注ぐため、設置はカウンター内の為スタッフを呼ぶ必要があり、更に飲み放題にはビールが設定されていないので、追加料金で350円必要となりますので注意が必要です。

店内は禁煙となっており店内での喫煙ブースは用意されていませんので、店舗を出ての利用となるようです。

カラオケに関してはマイクは使いまわす為、必ず消毒しての交代ですが、更に来店時にマイクカバーを渡されるので、歌う前に必ずカバーをかけてから歌うようになっています。

カラオケシステムはジョイサウンドを扱っている店舗で、回転するタイプのものではありませんが様々な視覚効果がありそうなミラーボールが備わっていて雰囲気を盛り上げるのに一役買っている感じですね。

各席にタンバリンや青色のペンライトも用意があり、これらは無料で貸し出ししているようですので盛り上げツールにもってこいですね。。

撮影許可済み

4:メイドさんについて

 この日いらっしゃったのは緑のセーラー服をお召しになっていた「かえで」さんと、オレンジ色の女中さんのような衣装を召していた「みちる」さんのお2人でした。

「かえで」さんは私が来店した際にシステムをいろいろと詳細を案内していただきまして、眼鏡がとても似合う方で何かしらのコスプレなのだと思いますが緑色のセーラー服もお似合いでタンバリンを振る姿もかわいいものでした。

「みちる」さんはお客さんが歌っている間もタンバリンで盛り上げをしていましたが、終始お客さんの動向をしっかりとチェックしている視線の走らせ方に目が留まりました。

デンモクを操作している動作や曲を入力したであろう順番などをしっかりと確認しながら盛り上げるという、行動以上に細かい流れを把握している姿を見て状況把握に優れた方だと思いました。

また大変丁寧な言葉使いとふるまい方で、店長さんにも丁寧語で接している雰囲気から素敵な品性を感じます。

店長さんのジャミアさんが開店からいらっしゃいまして30前後の方でしょうか、金髪に帽子をかぶったおしゃれな方で、私が来店時に初来店という事、お勧めの店舗という事で紹介受け来店したことを告げると、わざわざご挨拶していただきました。

昭和のアニソンが好きという事で、推奨イベントなどがある場合はジャミアさんの意向が働いているイベントもかなりあるようですね。

お客さんに交じりカラオケも一緒に歌っているあたり、本当にアニソンが好きなんだなと大変感心しました。

店長さんのみ更に衛生を徹底しているのか、マイクの握る部分にCDのような円盤を付けて飛沫防止をしていらっしゃいました。

5:感想

 開店と同時に向かい一番乗りかと思いましたがなんと先客ありと、人気店の証ですよね。

7月20日にも一度来店する予定がありましたが、その日はイベント日で当日もイベント日でしたので、様々なジャンルの催し事が多いのは飽きが来なくてよい施策と思います。

当日は推奨「昭和のアニソン」ということで、縛りではないので歌ってはいけないわけではありませんが、お客さんはそのような流れで選曲している感がありましたので、私が聞いていた時間帯は懐かしい、そして知らない曲もたくさん流れていました。

全体を見渡せばボックス席の方は歌っている方と一体感ある盛り上がり方をするお客さん、一方カウンターにいらっしゃる方は自分の順番以外は気ままに時間を過ごし歌に合わせる事がないというお客さんと、対照的な雰囲気で過ごしているのを見てカラオケを利用しない私には新しい風景に見えました。

土日にはカラオケ店を利用したスタッフによる昼営業もあるようで、カラオケに縛られない自由度の高いイベントを開催しているようなので、こちらはブログで確認するとよいでしょうね。

店内には有名な水樹奈々さんのサインも飾られており、アニソンバーとして認知度の高い店舗なのだと思いましたし、「すたーず@べる」さんからご紹介いただいた通りアニソンバーとしてレベルの高い店舗なのだと感じました。

関連記事:「すたーず@べるに行ってきました

賑やかな中野の飲食店街に鳴り響くタンバリンがとても印象深いものとなり、タンバリンの音を聞くと中野にアニソンカラオケバーzあり、と思うようになりました。

これからも幅広い世代のアニソンファンを呼び込んでカラオケを通して盛り上がっていただきたいですね。

6:まとめ

  • 水樹奈々さんも来店した
  • 店長の昭和アニソンへの愛が深い
  • スタッフの気配りが細かい

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×5(かえでさんの眼鏡とみちるさんの丁寧な振る舞いに+1)

8:スタイルカテゴリ

≪コンセプト≫エンタメスタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:アニソンカラオケバーZ

住所:東京都中野区中野5-57-9第2三京ビル301

電話:03-6454-0790

営業時間:18時~23時30分

     年中無休

ウェブサイト:http://www.anisonkaraokebar-z.com/

ツイッター :https://twitter.com/anisonbarZ

ブログ   :https://ameblo.jp/anisonbar-z/

地図:

東京都中野区中野5-57-9
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.