メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【秋葉原】ひつじメイドカフェフラペコに行ってきました

更新日:

2021年2月17日訪問。

東京都千代田区のひつじメイドカフェフラペコ(フラーゴラエペコラ)に行ってきました。

フラペコはどんなお店かしら?

ひつじメイドさんのお店だね!
内装から外観までファンシーな世界観だからおすすめだよ!

1:お店の場所

JR秋葉原駅から徒歩約5分ほどのところにあります。

①秋葉原駅を降りたら電気街口の北側から出て、左を向くと正面にゲームセンターが見える大通りが見えるので突き当りまで向かいます。

②突き当りまで来たら高架下の横断歩道を渡り、ゲームセンターを右手に直進して100m程すすみます。

③右手にカフェがあるビルの次の交差点を右折します。

④70m先の神田明神通りに出る交差点の左手前のビルに店舗があります。

店舗は1階にありファンシーな外壁のイラストと、大通り側から店内の様子が見えるのでそれで確認ができると思います。

2:雰囲気

 外壁にファンシーなイラストが描かれていて、外観からお店の中が気になる上手な演出ですね。

また内装のみならず、外装まで凝っていると外からでも思わせるのはアーチ形の窓で、この形状が視覚的に大変効果的かと思いますが、以前の入居テナントからの改装に相当力が入っているのが見て取れます。

店内に入ると真っ先にパステルピンクのカウンターが目に飛び込み、大変ファンシーな雰囲気でかわいさを演出しています。

このカウンターはU字で構成され、メイドさんが内側で全席に目を配らせることができる仕様となっており、全席カウンターのみで9席分用意されています。

角には淡いラベンダー色のカーテンに包まれたステージがあり、こちらで撮影や動画配信が行われているようです。

窓側には当日給仕されるメイドさんの案内がブラックボードに書かれ、周りをぬいぐるみや綿毛のデコレーションでかわいく装飾されていて、雰囲気づくりに一役買っています。

U字カウンターの開けた奥側は一段高くキッチンとなっていますが、しっかりとカーテンで覆われ店内の風景に入り込まないようしっかりと気を使っていますね。

入り口は2か所ありあり、ビルの外から、ビルに入ってからとどちらからでも入れるようです。

総席数9席とこじんまりとした店舗ですが、パステル色をベースに壁に可愛いイラストをあしらっていて、かわいい系が好きな方に大変好まれるでしょう。

色味は違いますが、ファンシー要素満載の店内は浦和「浦和メイドミミ」を思い出しますね。

関連記事:「浦和メイドミミに行ってきました

3:システム

 ワンドリンクオーダー制で営業しています。

チャージ料金は60分800円で、延長は30分500円になっています。

ソフトドリンクメニューは一律600円で、一般的なアルコールメニューはほとんどが700円と大変明朗になっています。

初来店限定の60分飲み放題がデザートとチェキ付きでソフトドリンク2800円、アルコール3300円で備えています。

他チェキや乾杯ドリンクも800円など、わかりやすい金額設定ですし、チェキとドリンクがセットになった人気メニューもわかりやすく表示してあるのが良いですね。

特に目を引くのは通常チェキで、メイドさんが複数になると料金が上がるものですが、こちらでは800円で対応してくださる良心設定です。

またセットメニューでチェキとワンドリンクセットなどのお得なメニューや、単品でも1000円前後で注文できる軽食類もあります。

店舗の大きさにして通常のキッチンが備わっているようなので、オールマイティに活用できそうですね。

4:メイドさんについて

 当日いらっしゃったのは「みるる」さん、「なる」さん、「りん」さんのお三方でした。

「みるる」さんには入店時、動画配信の準備中をお邪魔してしまいましたが、快く入店の案内とシステム案内を丁寧にお話ししてくださいました。

「なる」さんは私が当日伺ったメイドカフェの写真を見ていただき、色々な店舗の話題を聞いていただきました。

「りん」さんはカフェ内の業務をてきぱきとこなしている様を拝見させていただきました。

こちらの店舗は羊がモチーフとなったメイドカフェですので、皆頭にひつじの角をかけて給仕されています。

ふわっとした材質で大変かわいく、制服のピンク色のメイド服と相まってファンシーな世界観に上手に溶け込んでいると思います。

スカート部はピンクの生地に黄色のラインが入るデザインで、あまり見ないデザインが明るさを表現していて、これもまた良いアクセントですね。

5:感想

 開業前から外装のファンシーさと窓から見える内装の雰囲気から、かわいい系のメイドカフェができるのだろうと予想していました。

当日はチラシを頂いた縁で入店を決めましたが、予想通りの風景にほっこりできる時間を過ごすことができました。

店舗はこじんまりとしており、メイドさんの給仕人数もそう多くはありませんが、カウンターの形状もあって距離感近いしっかりと楽しくお話ができるお店かと思います。

2020年11月のオープンのようですが、私が滞在中も常連さんが来店する様子が見受けられるなど認知度も広まっているようで、ビル1階で大変目立つ立地もあってこれからが大変気になる存在ですね。

店舗にあるイラスト「FRAGOLA E PECORE」はフラーゴラはイタリア語で苺、ペコラはイタリア語でひつじを意味しているので、イタリア語が分かる方なら一目でファンシーさを理解できるでしょう。

店内のひつじメイドさんと苺のイラストに囲まれた店内で、気持ち軽やかに過ごせるのでお勧めできますね。

個人的に秋葉原のかわいい系代表と思っている「ぴなふぉあ」の様に認知度が上がることを願っています。

関連記事:「ぴなふぉあラビリント店に行ってきました

6:まとめ

  • ひつじといちごのメイドカフェ
  • 内外装がとてもかわいい
  • こじんまり店舗で距離感近い

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×7

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:ひつじのメイドカフェフラペコ(フラーゴラエペコラ)

住所:東京都千代田区外神田1-6-3 アキバあそび館1F

電話:不明

営業時間:15時~22時

ウェブサイト:無し

ツイッター :https://twitter.com/frapeco_akiba

地図:

東京都千代田区外神田1-6-3
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.