メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【大須】メイドカフェバーブルーエッグナゴヤに行ってきました

更新日:

2021年9月14日訪問。

名古屋市中区のメイドカフェバーブルーエッグナゴヤに行ってきました。

ブルーエッグはどんなお店かしら?

可愛さ引き立つ青色が目印のお店だね!
立ち寄りやすくてたくさんお話しできるからおすすめだよ!

1:お店の場所

【大須のシンボル招き猫起点】

 招き猫起点から歩いて約1分ほどのところにあります。

①招き猫の交差点を北側(万松寺方面)を向き直進して次の交差点を右折します。

②20mほど進み左手にあるOSU301ビルの1階に店舗があります。

ビル入り口に入居テナント一覧から確認できるのと、営業時間に立て看板が出ますので目立つのと、入り口からエスカレータ左手を見るとすぐに店舗が見える為大変わかりやすいです。

2:雰囲気

 ゼニスブルーの爽やかさが存分に主張している外観や、ちらりと店内上部に見えるシャンデリアがおしゃれ系メイドカフェだと予想できる良いポイントですね。

ガラス扉とその隣の窓には大変かわいいメイドさんのイラストが描かれていて、店内が少々見えるようになっている仕様は、店内で給仕するメイドさんのかすかな動きが気になり入店したくなるよいきっかけ作りとなっています。

入店すると外観と同じく爽やかな青系の壁紙と白のツートンで彩られ、爽やかな青はブルーエッグナゴヤさんのシンボルカラーのようですね。

店内に入ると正面に4席のカウンターがあり、右側を抜けて奥に向かうと2席分のテーブル席が2卓用意されており、総収容人数は若干8名とこじんまりとした空間になっています。

そのなかでも奥のテーブル席から回り込むようにあるキッチンスペースは店内の比率からして割と広めに設けられ、カウンターからわずかに見えるトースターも高価なアイテムを使用しているのが分かりますから、調理に関してはかなり力を入れていることが分かります。

ちらりとキッチンが見えて力の入れ具合が伺えるというのは、店内でピザ窯を擁する秋葉原「しゃんぐりら」の様な実力も垣間見えた気がします。

関連記事: 「ムチぽちゃメイドカフェしゃんぐりらに行ってきました

壁紙にはイベントの張り紙や姉妹店のスケジュールが散見され、名古屋でも複数店舗ある姉妹店を知るによいツールとなっています。

またテーブル席には見事な黄金の羽のオブジェがあり、さすがアクセサリ販売を展開するグループによる運営だと感服します。

カウンター席とテーブル席では壁面が同じ色みでも色味の配置バランスが異なり、それぞれの席から見渡すことで2度風景を楽しむことができるのもなかなかに凝った内装かと思いました。

3:システム

 ワンドリンクオーダー制で営業しています。

チャージ料金は60分880円となっており、女性は550円と割引が適用されています。

延長する際は再びチャージ料金とワンドリンクのオーダーが必要となりますので、60分経過するあたりで退店するか延長するか判断しましょう。

ドリンクはソフトドリンクが770円からあり、コーヒーや紅茶は880円となっています。

この珈琲にはこだわりがあるようでエアロプレスという方法でメイドさんが一杯ずつ入れますので、珈琲に関してはアミューズメント感覚で楽しめるようになっています。

また紅茶はミルクティーにすることも可能ですが追加料金220円が必要となります。

アルコール類は2021年9月現在オーダーストップとなっていますが、880円からワインや焼酎が注文できるようです。

フードメニューはツーウェイで用意されており、当店キッチンでは550円からスナック類を注文することができ、オムライスではなくオムレツが880円で注文することができます。

このオムレツは店内調理でメイドさんによるお絵かきがあり、他にもフレンチトーストもお絵かきしてくださるようです。

もう1つは同ビル内にある姉妹店からのデリバリー料理があり、こちらを利用すると660円からスナック類を注文できる他、お絵かきオムライスが1430円でオーダーができます。

但し姉妹店が開店する15時からの注文となる為、早い時間帯では利用できないので注意しましょう。

他エンタメメニューとしてチェキが880円、ブロマイドが660円からの他メイドさんのグッズが当たるガチャガチャやご褒美ドリンクが1100円でありますので、頑張っているメイドさんに差し上げると喜ばれるでしょう。

ポイントカードも発行しており1000円につき1ポイント、満了時に新カードを増やし規定枚数達するとランクシステムにより特典が増えていくようになっています。

それとは別に「メモリーズエッグ」というカードもいただけるようになっていて、60分以上の滞在やシャンパンをオーダーした際に配られるカードで、こちらも枚数貯めると特典が頂けるようなので一度の来店で2度楽しみを増やせる嬉しい設定となっています。

4:メイドさんについて

当時間いらっしゃったのは「かむ」さん、「らう」さんと「みずき」さんのお三方でした。

「かむ」さんは緑の髪色がとてもインパクトある方で、システム面を詳しく説明してくださいました。

「らう」さんは制服の仕様を詳しく教えてくださった方で、退店時にチェキの撮影に映っていただきました。

「みずき」さんはキッチンと外の用事で外されていることが多くご挨拶できませんでしたが、ポップ類を手作りされている様を拝見しました。

撮影した写真の確認・許可済

当店のメイド服は肩口から肘までが肌の露出する涼しげなデザインとなっており、ブラウスから半分離した袖口を通すと肘から先が覆われるという独特な形状です。

またウェストとバストの部分をシルバーのベルトで締めているので、どちらもキュッと締まったボディラインになる為ウェストはスリムに、胸元のラインはとても強調されるようになっています。

イメージすると某異世界ストーリーに登場するメイドさんのキャラクターのそれと考えるとわかりやすいですね。

腰の部分と首元のリボンが若干色味が濃くなりアクセントになっているのもよいポイントですね。

そして姉妹店である秋葉原のブルーエッグは店名を同じくしていますが、デザイン同じで色違いというのも見逃せません。

名古屋店はサックスブルーで秋葉原店はミントグリーンと、コンセプトカラーが違い印象が変わりますから気になる方はどちらの店舗も伺ってみるとよいでしょう。

そして女性の方でデザインが気に入った方ならなんと購入ができるようになっていますから、メイドさんに相談するのも良いですね。

メイド服販売があるというのは立川「ハーツ劇場」と同じで憧れのメイド服を入手できるという達成感が得られる良い施策と思いました。

関連記事: 「立川HeaRTS劇場ドン・キホーテ店に行ってきました

5:感想

 2021年9月の名古屋遠征1日目に組込み来店する予定となっていました。

実のところ当店を1軒目に設定していたのですが、思いがけず満席と大人気の中お邪魔するのは悪いと思い時間をずらして入店しました。

少々ずらしたところで入店できましたが入店後も来客が途切れることなく、また別日に通りがかっても連日大盛況と人気のほどを確認できました。

以前秋葉原の店舗を利用したことが有ったのですが、全体的な配色が違うにしてもおしゃれな内装は変わらず女性に大変支持されるであろう雰囲気に圧倒されました。

こじんまりとした店舗ではありますが、メインとなるカウンターではメイドさんとの距離感も近く終始フレンドリーな会話が途切れることなく飛び交っていたこともあり、客人もリピータが多いことが推測されます。

エスカレータ乗り場のすぐ前の店舗ですからちょっと気になったときが入り時、店内の様子を見て空席あったら是非入店してみましょう。

6:まとめ

  • メイド服が独創的
  • 爽やかな青系の店内
  • 拘りある珈琲

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×6

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:メイドカフェバーブルーエッグナゴヤ

住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-60 OSU301 1F

電話:052-265-8989

営業時間:13時~22時

ウェブサイト:https://blue-egg.nagoya/

ツイッター :https://twitter.com/EggNagoya

地図:

愛知県名古屋市中区大須3-30-60
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.