メイドカフェ再訪録-アーカイブ

【秋葉原】カフェメイリッシュに行ってきました【再訪】

更新日:

2021年11月30日訪問。

東京都千代田区のカフェメイリッシュに行ってきました。

メイリッシュはどんなお店かしら?

19周年の老舗のお店だね!
シュタゲの聖地だしまったり過ごせるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩約3分程の所にあります。

①末広町駅を降りたら、3番出口から出て西へ向き「蔵前橋通り」を直進します。

②150mほど進んで次の信号のある交差点で左折します。

③60m程直進したら左手2階部にピンクの看板が見える建物に店舗があります。

ビルまで進むと2階に飾られたメイド服、店舗に続く階段に多数のPOP類が目に留まるのでわかりやすいです。

2:雰囲気

 これまでにどれだけの方々がこの取っ手に手を置いたのか、ドアノブがない代わりに四角くくりぬかれた木製のすり減った取っ掛かりが、年季を感じさせる老舗の風格を表しています。

その扉を開けるとパッと目に付く店舗を紹介する雑誌や、ムックの他フィギュアなどのオリジナルグッズが多数あり、長年営業してきただけあるそのボリュームにメイリッシュの知名度と存在感を推し量ることができますね。

店内撮影許可済

入り口から数歩歩みを進めると左側にカーテンの一切かかっていない窓から自然光をいっぱいに取り込んだ大変明るい店内が広がっています。

また周囲を見渡せば、店舗のタペストリーやオリジナルキャラがかわいく鎮座し、ロールカーテンまでロゴ入りのオリジナルなど、風景にオンリーワンなインテリアがあることで店舗を見て楽しめるようになっています。

ふと天井を見れば、天井部がピンクでありながら下に一段白い天井を設置して間接照明として当てていたり、柱や各ドアの縁取りがピンクで彩られるなどかわいい系の喫茶店が好きな方にも眺めるだけでときめく構造になっていますね。

アニメ「シュタインズゲート」の喫茶店のモデルともなった当店には、大きなモニタでシュタゲが流れ、桃井はるこさんのサイン入りフェイリスのキャラクターボード設置されるなど、至る所にアニメに関するグッズで装飾されて喫茶店とファンシーな雰囲気を同時に楽しめるようになっています。

カウンターの横にはシュタゲのシール作成機やガチャなども置かれ、聖地巡礼としても利用できるのが嬉しいですね。

店内は入り口から見て左側面から5席のカウンターが延び、奥でいったん切れた後奥側のも5席のカウンターを計2か所設けてあります。

左手カウンターの棚は調理補助を担う食器類が多く置かれていて、奥側のカウンターには棚に多くのアニメ関連のグッズが置かれていますから、メイドさんを調理作業を眺めて楽しみたい方は左側、グッズを見て楽しみたい方は奥側がお勧めですね。

店内中央部にはテーブル席が設けられ、2人掛けのテーブルが14卓ありフレキシブルに組み合わせ出来るようになっていますから大人数での利用も可能ですね。

左手奥の出入り口からはキッチンがつながっていて、見た感じかなり大きな設備が見えましたが、なんと当店ではキッチンはメイドさんが日替わりでキッチンの当番をされるという事ですから、ほんのりカウンターから見える様子というのも萌える要素としてポイントが高いです。

思いのほか天井が高く感じることと、ロールカーテンを全開にして大変明るさがあること、その先にベランダがあることで、秋葉原「フェリシー」と近しい開放感を感じ、のびのびと過ごす事ができそうな雰囲気です。

3:システム

 ワンドリンクオーダー制で営業しています。

チャージ料金は設定がなく、滞在できる時間は90分となっていますので、飲食するに大変ゆったり過ごす事ができる嬉しい時間設定ですね。

ソフトドリンクは800円から、アルコールは900円からと、秋葉原の一等地でありチャージ料金がないことを考えると妥当な金額と思います。

ランチタイムから活用できるフードも、メイドカフェ定番のオムライスが1500円の他カレーなど1200円から楽しむことができ、おつまみも700円からとあらゆるシーンで活用できそうです。

また当店の看板メニューはジャイアントサイズのドリンクやフロートで、通常サイズの3倍でありながらお得な料金設定になっていますので90分の滞在という予定があれば注文してゆっくり頂くのもありですし、ホワイトボードには日替わりメニューが多数記載されていますので気になる方は目を通しておきましょう。

アニメ「シュタインズゲート」のモデルショップともあり、アニメにちなんだメニューもありオリジナリティあふれる品ぞろえですから、ファンの方もそうでない方も見逃せないですね。

他アミューズメントメニューとして、各メイドさんをイメージしたオリジナルのカクテルや、1500円以上の飲食をした場合のみ注文できるチェキがあり、一枚1200円でメイドさんの人数を増やす度に500円増と設定されています。

チェキサービスのプレミアム感が老舗らしくて素晴らしいね!

ポイントカードも発行しており1000円で1ポイント、20ポイントでセットドリンクやオリジナルグッズが頂けるようなので集めてみましょう。

またポイントカードはメイリッシュデフォルトカードに加え、シュタインズゲートモデルが2種ありますから、カードそのものを集めるという楽しみ方もありますね。

他、めいりっ子くらぶという特別会員もあり、2500円の年会費で様々なサービスを受けられるようになりますから、詳細はメイドさんに問い合わせてみましょう。

4:メイドさんについて

 当時間いらっしゃったのは「くらら」さん、「ぼたん」さんと「ぽめ」さんのお三方でした。

「くらら」さんは金のポニーテールが凛々しい方で、オーダーしたオムライスにメッセージを書いていただきました。

「ぼたん」さんは気さくに対応してくださる方で、店内での撮影した写真の許可を頂きました。

「ぽめ」さんは当日キッチンの係をされていて、ホールに出る頻度は多くありませんでしたが、かわいいツインテールが印象に残りました。

滞在中は「校長」さんもお見掛けしまして、会いに行くつもりで来店してもなかなか会える方ではないようなので、貴重な体験もできました。

上述した通り、キッチンは当番制ではないですが日ごとに変わるようなので、オーダーが多い日は顔を合わせる機会が少なくなりますが、手作り料理が頂けると思えば、キッチン係を設ける藤沢「モンテシート」同様、フードを通した話題でも盛り上がることができそうですね。

当店のメイド服は当日お見掛けした「くらら」さんがシンプルなデザインの黒メイド、「ぼたん」さんのフリルが大き目な赤系のメイド服、「ぽめ」さんがシンプルなデザインの茶メイドと、三種を拝見しましたが他水色など種類は色違いデザイン違いで豊富にあるようで、来店する度に服装の組み合わせで雰囲気の違いを見て楽しむという事もできそうです。

またメイリッシュといえば頻度の高いイベントで衣装が変更されたり、過去に「橙幻郷」さんと制服交換など各メイドカフェとコラボを催されたことがありますから、イベント日に来店したい方はSNS要チェックですね。

5:感想

 秋葉原の老舗の中にも数えられる当店はなんと再訪が14年振りという、秋葉原に出向いては伺うメイドカフェでも再訪が大変遅れた店舗の為、今回はランチ目的で伺いました。

運が良ければメイドカフェのベテラン「まほれ」さんとご挨拶できればと来店しましたが、残念ながら当日は夜からのお給仕だったらしく会う事は出来ずじまいでしたが、お三方のメイリッシュの日常を感じる緩やかな風景を見て大変ほっこりとした気分で過ごすできました。

久しぶりの店内は何度か模様替えをされたようですが、加えてアニメのイメージショップとしても活躍したことで店内風景に新たなエッセンスが加わり、懐かしくも新鮮な気持ちで眺めることができ、初めて来店した2006年当時の記憶と比べて楽しむこともできました。

当日はシュタゲの聖地巡礼されている客人も見かけ、合わせて日常使いされている常連の方も見受けられましたから、目的に合わせ利用しやすい店舗だと変わらぬ安心感を感じました。

常に進化を続けるメイリッシュさんは2020年には秋葉原「キュアメイドカフェ」と並ぶ「おいしい紅茶のお店」としても認定されるなど、店名にカフェを冠する通り喫茶により重きを置いた営業方針に感服します。

そして老舗らしく営業スタイルは変わらず喫茶店スタイルのままですから、メイドさんを眺めて楽しみたいという方向けの入門にもお勧めできますし、もちろん聖地巡礼にもシュタゲ好きな方なら一度は訪れていただきたい店舗ですね。

6:まとめ

  • 19周年の老舗
  • ノーチャージ
  • シュタインズゲートの聖地

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×7

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫喫茶店スタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:カフェメイリッシュ

住所:東京都千代田区外神田3-6-2 FH協和スクエア2F

電話:03-5289-7310

営業時間:12時~22時

ウェブサイト:https://www.mailish.jp/index.html

ツイッター :https://twitter.com/cafemailish

地図:

東京都千代田区外神田3-6-2

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ再訪録-アーカイブ
-, , ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.