メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【秋葉原】修道メイド喫茶&バーアマリリスに行ってきました

投稿日:

2021年11月30日訪問。

東京都千代田区の修道メイド喫茶&バーアマリリスに行ってきました。

アマリリスはどんなお店かしら?

シスター系のお店だね!
店内で2つの優雅な雰囲気のコンカフェが選べるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 JR秋葉原駅から徒歩約7分程の所にあります。

①秋葉原駅を電気街口北口から出て左を向いて「中央通り」まで進み、通りに出たら右折します。

②次の信号のある交差点ではす向かいにある黒いビル「ヴェルサール秋葉原」を右から裏手に回るように路地に入ります。

③次の丁字路を右折します。

④約100m程直進すると、右手1階に「牛丼サンボ」が入居するビルに店舗があります。

ビル入り口に入居テナント一覧から確認ができるのと、開店時間にはビル内に立て看板が出るのでわかりやすいです。

2:雰囲気

 修道メイドがコンセプトとなると、店内がどのように展開されるか非常に興味深く、開ける扉にも力が入りますね。

開けた先には3灯の巨大なシャンデリアが煌びやかに輝く、想像した以上に気品溢れるおしゃれな店内が広がっています。

白と黒で貼り分けられた壁紙に柔らかい電球色の灯りが反射して店内は大変明るく演出されていて、同じく白系で統一されたカウンターがきれいにその光を反射することで、なおのこと明るさが増して照明のそれ以上に明るく感じます。

店内撮影許可済

見渡せば宗教に関連した絵画が存在感を出し、シスターがいる事で成立するアイテムが置かれているのもコンセプトとしてよいワンポイントインテリアですね。

ホール手前の右の部屋には別室が設けてあり、こちらは壁紙を海老茶色のシックな内装へと変え雰囲気を分けていますが、こちらは店内で同時に営業されている「帝國迎賓館」という店舗との事で、名駅「メイドロイド」と同じく1つの営業フロアに2つの店舗が存在する不思議な間取りとなっています。

メインホールには4つのカウンターが設けてあり、それぞれに3席の椅子が用意され、計12名収容できるようになっています。

カウンター中央部でメイドさんが給仕する位置取りとなっていて、そのまま左手にキッチンがつながっている為客人はそれを囲むように座って過ごす配置ですね。

修道メイドという事で装飾を限りなく簡素にした作りと思いきやシスターが映える照明で明るく展開した雰囲気作りには意表を突かれましたが、インテリアの副次的な効果でうまくまとまっていると感じました。

3:システム

 ワンドリンクオーダー制と飲み放題制で営業しています。

チャージ料金は共に60分800円となっています。

ワンドリンク時はソフトドリンクが全て700円、アルコールが900円と大変明朗で分かりやすいですね。

飲み放題には2種のコースがあり、ウィスキーやサワー類とワインのコースが1700円、生ビールや梅酒が追加されると2200円のコースとなっています。

時間管理に関しては、自動延長となっていますので、メイドさんが伝票に記入された入店時間を確認して過ごしましょう。

メイドカフェ定番のオムライスは置いていないようですが、フードも600円から軽食やデザートもしっかりとメニューにあり歓談のお供になること請け合いです。

アミューズメントメニューとしては「シスターと乾杯」がソフトドリンク1000円、アルコールなら1200円で提供できるようなので推しがいらっしゃったら差し上げると喜ばれるでしょう。

またチェキが800円からあったり、なんと隣店のステージを借りる事でステージライブをオーダーすることができます。

2000円でチャージ料金と1ドリンク付きで楽しめますから某映画の様にシスターの踊る様を楽しみたい時にはぜひ頼みたいメニューですね。

当店ではポイントカードも発行しており、1000円につき1ポイントで25ポイント満了のカードを複数集める事でオリジナルグッズと交換できますから是非集めてみましょう。

4:メイドさんについて

 当日いらっしゃったのは「ゆきの」さんでした。

開店と同時に伺ったところ、開店作業で忙しくしている中わざわざ店内に招き入れてくださったうえ、しっかりと給仕できる体制から入店時間の管理を始めるなど、大変気の利く接客に好感をもてましたので、「ゆきの」さんと乾杯をして秋葉原界隈のコンカフェ関連の話題を共有させていただきました。

当店のメイド服はシスター系らしく、エプロンにブルーの十字架をあしらった刺繍が入った青系の衣装が特徴となっています。

制服は腰のサファイアブルーと、スカートのコバルトブルーとのバランスが大変爽やかに映え、光沢感あるリボンがメイドさんをさらに引き立てているのがポイントですね。

ブラウスなどは「ゆきの」さんが自前で用意されるなど、自由度の高い組み合わせになっているようなので、来店する度に組み合わせで印象が変わり毎度フレッシュな気分で来店できますね。

正装としてはヘッドドレスから下げる同じく青系のアクセサリがあるようですが、付ける頻度が少ないようなのでこの衣装を見ることができたら加護があったと喜べるレアケースになるでしょう。

5:感想

 当日はほぼノープランで秋葉原の散策を予定しており、入った事のないビルを調べていたところ、以前から気になっていた有名牛丼店の上階には何があるのか?を調べるためにこちらに伺う事にしました。

店内は鮮やかなシャンデリアの存在感に圧倒され、荻窪「キュート」の様な高級感を感じるラウンジのようにも思えました。

シスター系らしくしっかりと西洋の世界観を模したアクセサリなどのコンセプトも感じられ、雰囲気を異する姉妹店も同時に拝見することができ、一度に2つの店内風景が見ることができ次回来店の予備知識としても良い体験ができました。

今回は入店時間も早かった為客人の少ない中ゆったり過ごせたこともありましたが、ポイントカードをグッズ交換せず大量にお持ちの客人で週末は満席になるというお話も聞きましたから、夜の賑わいも想像に難くないですね。

2021年現在ではメイドさん数はかなりの少数精鋭で営業されているため、木曜定休以外にも急な店休があるようなので、来店する前にはしっかりとSNSで確認するとイレギュラーに当たらず入店できるでしょう。

その中でも「ゆきの」さんが当店舗ではお会いできる確率が高いとの事で、今回はのびのびとした雰囲気と屈託のない笑顔で給仕される様子に出会う事が出来て大変癒されました、感謝です。

ゆきのさんのポイントカード品切れ

6:まとめ

  • シスター系メイド
  • 煌びやかな空間
  • 店内一区画で2店コンカフェ営業

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×5

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:修道メイド喫茶&バーアマリリス

住所:東京都千代田区外神田3-14-4 国際ビル3F

電話:080-6634-6257

営業時間:平日14時~23時30分

     土日祝12時~23時30分

     定休日 木曜日

ウェブサイト:http://amaryllis-maid.com/

ツイッター :https://twitter.com/amaryllis_maid

地図:

東京都千代田区外神田3-14-4
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.