メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【千歳船橋】アニソンバーシュシュに行ってきました

更新日:

2021年8月10日訪問。

東京都世田谷区のアニソンバーシュシュに行ってきました。

シュシュはどんなお店かしら?

柏シリウス系列のお店だね!
アットホーム感があってまったりカラオケできるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 小田急線千歳船橋駅から徒歩約1分程のところにあります。

①駅を出たら北側を向いて右折し、線路沿いを走る道路を進みます。

②50mほど歩くと交差点に出るので左折します。

③25m程先丁字路にあるジョイパーク千歳船橋ビルの2階に店舗があります。

ビル壁面に入居テナントの大きな看板があるのと、開店時間にはビル入り口に立て看板が出るのでわかりやすいかと思います。

2:雰囲気

 2階へ上がり、扉まで来ると看板が掲げられシンプルな佇まいとなっていて、この辺りは姉妹店の柏「シリウス」同様ですね。

入店すると天井に四角く囲ったLEDの照明が様々な色合いを演出して、ミラーボールの如く煌びやかに照らしているあたりがアニソンバーらしい空間になっています。

中央を通路として右側が壁沿いに計6名の白いソファ席が設けられており、1人掛けテーブルが2卓と奥側は4人ほど掛けられる、L字の形をしたテーブルが配置されています。

混雑時は各テーブルに椅子も用意されているので最大収容数は10名ほどになりそうです。

入り口から見て左側にはカウンター席が設けられ、3席と椅子の数が席数以上に長いカウンターに合わさず少なめなのは、ソファ席に掛けてゆったりしてもらうのが優先と考えられていることだとわかりますね。

壁面には多数のアニメのポスターが丁寧に額縁に収められて飾られ、カウンター上には2台のモニタが様々な映像で店内を演出している風景はシリウスと同じで安心感があります。

ホールは多彩なLEDでカラオケシーンを盛り上げ、カウンター内は棚下から昼白色の爽やかな照明で白く輝く、店内がツートンで彩られている空間がとても印象に残ります。

また各テーブルには予めデンモクが用意されており、カラオケを早く利用したいという気持ちに駆り立ててくれる、アニソンバーならではの光景ですね。

3:システム

 飲み放題制で営業しています。

60分2800円で、延長は30分刻みの1000円となっています。

時間管理は自動延長制となっておりキャストさんからのお声がけはなく、入店時の時間を告知していただいた後伝票に時間を記してテーブルに置いてくだいますから、それを基に気に留めて過ごしましょう。

飲み物はソフトドリンク、アルコール共に豊富に用意されていて、メニュー表には自分好みのオリジナルも頼めそうな程の多数のカクテルメニューがあり、カラオケ時にのどを潤すにもオーダーが楽しくなるようなメニュー数で嬉しくなりますね。

飲み放題のメニューには料金込みのジャンルとは別に有料ドリンクもあります。

これは一杯あたりプラス料金という設定でビールなら+200円、高価な銘柄のウィスキーなら+200円からなど一杯ずつ注文できるシステムになっています。

フード類に関しては「シリウス」同様自慢の手作り料理が毎日振る舞われていますから、気になる方はカウンターにあるホワイトボードに目を通して注文してみましょう。

他にもカウンターには多数スナックが吊り下げられ、気軽に小腹を満たすアイテムが用意されています。

また同ビルお隣さんの飲食店で調理したおつまみの出前ができるシステムがあり、開店から程なくするとメニューのずらっと記載されたホワイトボードがお隣さんからやってきたら注文可の合図で、より本格的に料理を楽しみたい場合にも大変うれしいシステムですね。

これは系列店内で経営している居酒屋から出前が取れる仙台「アニソン酒場」と同じようなシステムで、スペース上限られた店舗内でフードを提供しようとするのに大変有効な手段かと思います。

アミューズメントメニューもコンカフェらしく取り揃え、チェキが800円から、カラオケリクエストが300円、キャストドリンクが600円など、カラオケを楽しむだけでなく盛り上がれるツールがるのも嬉しいところですね。

当店はカラオケシステムはスピーカを見る限り「DAM」を利用しているようですが、これは同じ小田急沿線「アニソンバー777」と同じでどことなく親近感を感じます。

カラオケルールは連続選曲しない、デュエット不可、アニソン専門店なので楽曲はアニメ、特撮、声優やボーカロイドと限定されている点も考慮して楽しみましょう。

店舗オリジナルのポイントカードも発行しており、1000円に付き1ポイントで20ポイント満了で割引サービスがあるなど、小田急沿線でアニソンを歌いたい時には必携ですね。

4:メイドさんについて

 当日いらっしゃったのは「ぱんだちゃん」さんと「らいむ」さんのお二方でした。

「ぱんだちゃん」さんは姉妹店柏シリウスの店長さんでこちらの店長兼任かは不明ですが、店舗名を決めるに一役買うなど店舗の運営に深く携わっている方で、開店間もないあわただしい店内でご挨拶させていただきました。

当日は制服と大変よく似合う黒髪にワンポイントの紫のメッシュがとてもおしゃれで、去年ご挨拶した際の海の家をイメージしたような爽やかな服装とイメージが一変して、これまた新鮮な気持ちでお話しことができました。

「らいむ」さんは当店専任のスタッフという事ではなく、新店オープンという事でヘルプでいらっしゃったそうです。

店舗営業が落ち着きを見せるまでいらっしゃるとの事で、当日偶然にお会いできたという正しく一期一会な対面を果たすことができました。

終始柔和な笑顔でお話ししてくださるその姿は、秋葉原「ミルクプラネット」の月詠みことさん同様、接客を通したホスピタリティを感じ、底知れない魅力を感じました。

お話しする際もローテーブルにいる客人に対し、お尻を床につけない抱え膝で対応している場面を至る所で散見しましたが、これは目線を上からにならぬよう気配りしているとわかる、思わずハッとする瞬間でした。

体勢としては楽ではないにもかかわらず圧迫感を与えまいとするその姿に、思いやりある接客業を長くこなしてきた経験がなせる賜物だと大変感動しました。

こちらの店舗では黒のワンピースが制服となっており、半袖ひざ丈の夏場に涼やかなデザインになっています。

立体感あるパニエ、前掛けやヘッドドレスなど見た目メイド服にも見えますがそうではなく、統一された制服ですが胸元の大きなリボンが各人で違うようです。

袖とヘッドドレスから下がる長めのリボンがとてもかわいく、色は違いますが大阪「めいどるちぇ」のようなワンポイント感がとても萌えるツールですね。

5:感想

 2020年8月に柏市に滞在した際、コンカフェ巡店ルートとして南柏で降り訪問しようとしたのが姉妹店柏「シリウス」でした。

2021年7月にシリウスの姉妹店が小田急沿線で開店するという一報を受け、割とコンカフェが少ない小田急沿線での展開という期待感もあり訪問しようと思い立ちました。

当日は「ぱんだちゃん」さんがいらっしゃることも存じていたので、しっかりと1年ぶりのご挨拶もでき、新店ならではの初々しい雰囲気を堪能することができました。

開店時間きっかりに飛び込んでいく先客や、後からの客人も千歳船橋にアニソンバー誕生を聞きつけ初来店されるなど、私よりも先んじて情報を知る方々が多数集まり、開店して2週ほどでしっかりと千歳船橋の市民権を得たかのような盛況ぶりに、前評判の良さがあるからこその集客だと感嘆しました。

私は変わらずカラオケを利用しないのですが、客人のカラオケに合いの手を入れる手拍子がとても懐かしく、シリウスに続いてこちらの店舗も温かみのある店舗で気を楽にして過ごす事ができました、感謝です。

「シリウス」では地域一番店を願い1等星にちなんで名づけられましたが、こちらの店舗はフランス語の「お気に入り」を意味する言葉を店名にしたそうです。

「あなたのお気に入りになりたい」という気持ちが込められたネーミングは、千歳船橋から発信されて界隈に注目されるアニソンバーになりそうな予感ですね。

6:まとめ

  • 柏シリウスの姉妹店
  • 飲み放題歌い放題で明朗会計
  • 小田急沿線のアニソンバー

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×6(居心地よくなる接客に+1)

8:スタイルカテゴリ

≪コンセプト≫エンタメスタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:アニソンバーシュシュ

住所:東京都世田谷区船橋1-1-16ジョイパーク千歳船橋2FB号

電話:03-6413-9770

営業時間:平日  17時~22時

     土日祝日15時~22時

ウェブサイト:https://anisonbarchouchou.storeinfo.jp/

ツイッター :https://twitter.com/anibarchouchou

地図:

東京都世田谷区船橋1-1-16
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, , ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.