メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【横浜】きいろのとり珈琲店に行ってきました

更新日:

2021年11月20日訪問。

横浜市鶴見区のきいろのとり珈琲店に行ってきました。

きいろのとりはどんなお店かしら?

喫茶とアニソンバー2部営業のお店だね!
手作り焼き菓子食べながらまったりできるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 JR尻手駅から徒歩約2分程の所にあります。

①尻手駅を出たら左を向いて見える大通りの「西口通り」を左折して進みます。

②30mほど歩き高架を抜けた次の信号を左折して路地に入ります。

③70mほど進んだ左手黄色い建物が特徴の一軒家に店舗があります。

黄色い建物が大変目立つのと、常時店舗に大きな看板が出ているのでそれで確認できます。

2:雰囲気

 扉を開けると街の喫茶店を思わせるほんわかした風景が広がります。

正面のカウンターにはコーヒーミルや様々なサーバー、焼き菓子を置くケースが置かれ、その向こうに見えるキッチンには所狭しと円形の紅茶入れの筒やリキュールが見え隠れしている、カフェバーを楽しむツールが気分を盛り上げくれます。

店内撮影許可済

また電球色の色味と茶系の煉瓦調の壁紙が落ち着いた雰囲気を作り出しているのと、窓と扉の半分を鮮やかな臙脂色のカーテンで外の景色を遮っているので、入店しただけで温かみある雰囲気に包まれてほっとする気持ちになれるのが嬉しいですね。

左を見れば振り子時計のレトロな感じと、右を見れば大型モニタでカラオケの予感や角の棚にどっさりと積まれたボードゲームなど、眺めているだけでも飽きる事のないインテリアに囲まれています。

店内はホールとキッチンが同じぐらいの広さになっており、正面のカウンター席は3席で、入り口の左右に設置されたテーブル席は2卓となっており、通常2人掛けで詰めてなんとか4人という少人数を招き入れることを想定した構成となっています。

キッチンはその広さのとおり調理にかなり力を入れているようなので、日替わりでたくさんの焼き菓子の他、お惣菜や軽食などが作られているのでその様子も見られたらより楽しく過ごせそうです。

左側には階段があり2階部は来店当時は客人の出入りは出来ないようになっていますが、今後お子様連れの方が利用しやすい2階席空間へとリノベーションを掛けられる予定との事で今後が楽しみですね。

3:システム

 飲み放題制で営業しています。

料金は60分2000円となっており、延長は30分単位で1000円となっています。

時間管理は自己管理制となっていますので、伝票に記載された時間を確認して過ごしましょう。

上記は伺ったお茶会(昼営業時)のシステムで、夜のアニソンカラオケ営業時は不明ですが、改装中のHPにもメニューはお問い合わせくださいと記載されていますので、夜に伺う方は事前にSNSか電話で確認するとよいでしょう。

お茶会ではメインメニューとしてドリンク類がコーヒーや紅茶ソフトドリンクが揃えてあり、滞在中はお代わりが自由となっています。

紅茶は多数の銘柄をそろえているようですから注文時は種類を尋ねてみるのも良いですし、珈琲に至ってはしっかりとハンドドリップで提供されますので、喫茶を楽しむにも満足感があると思います。

また目を見張るのは軽食は一度の来店で一回の注文となっていますが、焼き菓子や総菜は何度でも注文が可能でお代わりができるというもので、客人によっては当日のメニューを全盛でいただく方もいらっしゃるとの事ですから、このような大盤振る舞いなサービスは他店にないシステムで素晴らしいですね。

多数置かれているボードゲームも無料で提供されていますので、喫茶の合間に楽しむというのも良い過ごし方になりそうです。

ほかアミューズメントメニューとしてはチェキが500円、フードドリンクのプレゼントが500円やカラオケ営業時はリクエストが500円と大変わかりやすく良心的なラインナップになっています。

ポイントカードも発行しており、一日一回の来店で1ポイントに加え5000円ごとにも加算され、5ポイントで100円オフや10ポイントでカラオケリクエストができるなど特典もありますので活用してみましょう。

:お茶会とアニソンバーは営業時間中に業態移行せず一旦お店を閉めインターバルを置いてから再度アニソンバーとしてお店を開けますので、通しで滞在できないことに留意しましょう。

4:メイドさんについて

 当日いらっしゃったのは「ふゆ」さん、「キラ」さんと「しくら」さんのお三方でした。

「ふゆ」さんはキッチン係でいらっしゃった方で、開店前からの仕込みと給仕中も中からチョコがとろけるフォンダンショコラを焼き上げるたり、炊き込みおにぎりを握る様子などほんわかする姿を拝見しました。

「キラ」さんは緑のサイドカラーが印象的な方でホール係をされており、私の飲食の状況を具に確認する気の配り方が素晴らしい方でした。

「しくら」さんは店長さんで数多のコンカフェをご存じのベテランさんのようですが、現在は店舗運営を中心に裏方でご活躍されていて、当時間は開店前の仕込みのお手伝いにいらっしゃっていたところを歓談に参加させていただきました。

当店のメイド服は「キラ」さんの縫製によるオリジナル作品でクラシカルな全円形ロングメイド服になっています。

全3種あるようですが当日拝見したのは内2種で、「ふゆ」さんのお召しになっていたのはカージナルレッドに近い赤系の色味で、素材が洗濯に強いということでキッチン専用服です。

「キラ」さんのシルクの様な高級感ある艶やかなエプロンやレースが特徴的な黒系は、汚れに弱いという事でホール専用と分けられているという違いがあります。

お茶会はメイドカフェ営業ですからこちらの服装での給仕となりますが、夕方以降のアニソンカラオケ営業時はカジュアルな衣装へチェンジしているそうです。

赤系と黒系が同時に見られるのは、神戸「神戸カノン」とその姉妹店「お月見猫王様の不思議な銘茶館」のあの素晴らしいメイド服を同時に見ている気がして、とても感慨深いものを感じました。

5:感想

 以前より来訪の予定リストに入っていたものの、タイミングが合わず見送っていた当店でしたが、SNSの告知で本格的に昼夜営業が始まると聞きつけ横浜に向かう際の予定に入れることができ伺いました。

開店時は準備に忙しくしている中わざわざ入店を許可してくださり、仕込み作業する様も拝見することができ店舗の良さを丸ごと楽しめたのも貴重な体験でした。

店内も喫茶店の雰囲気がとても居心地よく、ハイカウンターで奥側が見えないキッチンでは何ができるのかとわくわくするメイドさんの動きなど、一挙手一投足を楽しめる店舗と思います。

ドリンクは滞在中はお代わり自由と秋葉原「シャッツキステ」を思い出す給仕内容と同じく、メイドさんが調理する焼き菓子などリンクする点が多くあり、懐かしさを噛みしめながら大変まったりと過ごす事ができました。

それ以外にも素晴らしい点として珈琲をオーダーした際はミルで豆を挽くところから始めるなど、珈琲店の名の通りしっかりとしたハンドドリップで美味しい珈琲が頂けましたので、喫茶店としても通常利用したくなるドリンクやフードと手作り感満載の店舗ですね。

また店長の「しくら」さんも手料理がお得意で食の追及をされているとの事を聞きましたので、次回来店するときにはぜひともイカの塩辛でも頂けたら是幸い、と思いました。

2021年11月現在では今後安定的に営業していく予定のようですし、昼のメイドカフェ営業と夜はオールジャンル歌えるカラオケ営業と、2部営業で業態違いを選ぶことができるのも魅力かと思いますので、気になった方は尻手駅から程近くにありますからお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。

滞在時は沢山の焼き菓子をたくさん頂戴し満腹だったところ、それを察して退店時にわざわざお土産をご用意してくださるなどのご配慮、大変優しい対応に感謝申し上げます。

6:まとめ

  • 業態違いの2部営業
  • クラシック系ロングメイド
  • シンプルなメニュー体系

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×7

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫軽コミュスタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:きいろのとり珈琲店

住所:神奈川県横浜市鶴見区矢向4-3-11

電話:045-642-3732

営業時間:土・日曜日メイドカフェ  12時~不定

     木・金曜日アニソンカラオケ19時~23時

ウェブサイト:http://piyo.jpn.com/

ツイッター :https://twitter.com/55piyo_cafe

地図:

神奈川県横浜市鶴見区矢向4-3-11
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.