メイドカフェ再訪録-アーカイブ

【秋葉原】メイド喫茶ラブユーデイジー(らぶでじ)に行ってきました【再訪】

更新日:

2022年1月24日再訪。

東京都千代田区のラブユーデイジー(らぶでじ)に行ってきました。

らぶでじはどんなお店かしら?

オーナー交代して営業再開したお店だね!
うさぎメイドさんがかわいいからおすすめだよ!

1:お店の場所

  JR秋葉原駅から徒歩約5分程のところにあります。

①秋葉原駅を降りたら電気街口の北側から出て左を向くと正面にゲームセンターが見える大通りが見えるので突き当りまで向かいます。

②突き当りまで来たら高架下の横断歩道を渡りゲームセンターを右手に奥の道路をすすみます。

③40mほど進んだら交差点を右折して「メイド通り」に入ります。

④60m程進んだら丁字路を左折します。

⑤120mほど進むと一階に店舗があります。

ピンクの看板が出ているので大変わかりやすく、併設店「もふる」と同じ入り口になっています。

2:雰囲気

 入り口は以前のような店内を見通せる透明ガラスからスモークが入りました。

店内の様子が外から見えずオープンな世界観から非日常へ誘う扉に変わりましたね。

自動ドアが開くとそこにはかつて白一辺だった風景でした。

再オープンすると白と黒のカウンターが対照的に配置された、ツートンへと模様替えされています。

入り口から右が白カウンターが「らぶでじ」。

左側黒カウンターは「もふる」となっています。

1つの営業スペース内に2つの店舗を構えるという変則的な作りになっています。

入ってからどちらかを選べるというのは、秋葉原「アマリリス」を思い出しますね。

右半分のらぶでじは以前の内装そのままに15席ほどの直線のカウンターが、奥のキッチンまで伸びています。

柱に掲げられたロゴが懐かしくもあります。

チェキを撮る際に利用されていたピンクのベールがかかったソファは無くなっていました。

テーブル席も同時営業の店舗用に省かれています。

反対側のもふるはカウンターを新調して店舗ロゴ同様の黒で配置してあります。

椅子が大きいこともあり席数は10席となっています。

モノトーンの中に可愛さを演出するのは秋葉原「ピュアメイド」に近しいものを感じます。

らぶでじは変わらず女性にも好まれるような爽やかなワンポイントのピンクがアクセントになっていますね。

3:システム

 ワンドリンクオーダー制と飲み放題制で営業しています。

時間帯によってシステムが変わります。

開店から19時まではワンドリンク制と飲み放題制が選択できます。

19時を過ぎると飲み放題のみへと移行します。

ワンドリンク時はチャージ料金が60分790円です。

飲み放題は19時までと19時以降が同額で60分2620円です。

延長は30分毎で1520円となっています。

それぞれ会計時にサービス料が10%発生する点も考慮しておきましょう。

ソフトドリンクアルコール共に880円から利用することができます。

オリジナルカクテルは1200円となっています。

フード類も豊富に用意してあり390円からスナック類があります。

メイドカフェ定番のオムライスも1300円であります。

メイドさんがキッチンに立つそうなのでエンタメ要素がありそうですね。

メニュー表に限定フードの項目もありますので、気になる方はメイドさんに尋ねてみましょう。

他エンタメ要素も継承された部分が多く見受けられました。

メイドさんに差し上げるドリンクを「エサ」を称する部分が、今までのらぶでじユーザーにもなじみ深くて良いですね。

こちらはチェキと同額1100円から利用できます。

推しがいたら活用するとより盛り上がるでしょう。

ポイントカードはメニュー表と合わせ一新されています。

以前のカードからのポイント持越しはできるようです。

4:メイドさんについて

 当時間いらっしゃったのは「ぴあ野」さん、「める」さんと「のあ」さんのお三方でした。

「ぴあ野」さんはカウンター奥で客人対応していたためごあいさつ程度でしたが、面接を行うなどテキパキこなす方でした。

「める」さんは水没事件にもかかわらず、笑顔でご対応してくださるらぶでじ所属のメイドさんでした。

「のあ」さんは当日イレギュラーでいらっしゃった方で、桃猫堂所属の愛玩動物系メイドさんでした。

当店舗「らぶでじ」は経営権がルミナスへ移行しました。

結果キャストが他店舗から応援に入ることが多いメルティングポットの様な形態をとっています。

チャイナからうさぎへと変貌するように違う衣装を着るという機会が生まれます。

推しがルミナスのグループに居る方は、衣装とメイドさんのマッチングを見る為にも会いに行く楽しみが増えそうです。

「める」さんも私が以前伺った恵比寿「アニソンバー銀河」の制服を着たこともあると教えていただきました。

お給仕される方も楽しみが増えるでしょうね。

こちらのメイド服は経営権移行前と同じ服で給仕されています。

ピンクがかわいいメイド服で、チェック柄のリボンはもちろん頭にはうさぎの耳が付いています。

猫に続いてコンカフェでは出会う事の多いうさぎコンセプトにらぶでじでも会うことができますね。

5:感想

 2021年らぶでじの閉店とその後を気にかけていました。

年末に再オープンを聞き伺ってみる事にしました。

経営が変わったことも存じていましたが、ベースにあった部分がしっかりと継承されていました。

既存のユーザも難なく利用できると思います。

入り口の目隠しになるスモークが導入されたことで、外の風景が見える状態から閉鎖された非日常感へ没入する相乗効果が増したと感じました。

外が気になっていた方も入店しやすくなり、新規ユーザ獲得もしやすくなったのではないでしょうか。

またコンセプトの白にピンクのかわいいうさぎ系は、店内との色合いと大変合っていてうさぎ耳のファンシーさを楽しむには変わることなく申し分ないですね。

2022年1月現在では併設店「もふる」が開店準備状態でした。

同時に営業されている場合にどのような雰囲気になるかも大変気になる所です。

いずれにしても健全営業を掲げる神田みつきさん率いるルミナスグループの手腕であれば、うさぎさんたちと楽しく歓談して過ごせるかと思います。

6:まとめ

  • 経営者変更も世界観同じ
  • うさぎ耳メイド服がかわいい
  • 1フロア内2店舗営業

簡易チャート※来店時の状況・私見による
★が多いほど右寄

店内の雰囲気
静★★★★★★★★☆☆☆賑

メイドさんの賑やかさ
小★★★★★★★★☆☆☆大

メイドさんが話掛ける頻度
無★★★★★★★★★☆☆多

キャスドリ必要度
無★★★★★★★☆☆☆☆推
(ゼロはシステム上無、満点はキャストから要望有)

初入店難度
低★★★★☆☆☆☆☆☆☆高

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×5

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル
(対面して話すことが多い)

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:メイド喫茶ラブユーデイジー(らぶでじ)

住所:東京都千代田区外神田1-5-7 宝ビル1F

電話:不明

営業時間:平日 17時~23時

     土日祝13時~23時

ウェブサイト:無し

ツイッター :https://twitter.com/love_u_daisy

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ再訪録-アーカイブ
-, , ,

error: こぴーできません

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.