メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【横浜市】横浜メイド喫茶ルポリアに行ってきました

更新日:

2020年6月4日訪問。

横浜市中区のルポリアに行ってきました。

ルポリアはどんなお店かしら?

品のある静かなお店でまったり過ごせるね!
お出迎えからお屋敷に帰ってきた気分になるからおすすめだよ!

1:お店の場所

 横浜市営地下鉄横浜駅から徒歩約12分ほどのところにあります。

①横浜駅を降りたら北側9番出口から上がり右を向いて道なりに歩き、川を左手に見ながら800m、2つの信号を渡り直進します。

②2つ目の信号を渡ったところに右手に公園がありますのでそこまで来たら30mほど歩いた右手に店舗があります。

ハイツラヴィスタという建物がありますのでその2階へあがりすぐ右のドアを開くと店舗入り口になります。

開店時は踊り場にも立て看板が出るので間違えることはないかと思います。

(補足)

JRから降りた場合は西口に向かい地下道を直進すると地下街「CIAL横浜」に入れますので、地下街を左斜め前へ進む感じで市営地下鉄側に向かいます。

相鉄線から降りた場合は西口に向かい商業施設「相鉄joinus」の西側店外に出ると地下鉄へ降りる階段が見えるのでそこから北に向かって歩くと9番出口へ向かえます。

2:雰囲気

 入り口は個人宅かと思わんばかりの佇まいですが、なんとドアを開けるとさらにドアがあります。

さらにドアが開くとそこはとてもシックで重厚感ある雰囲気の店内で表の雰囲気とのギャップに驚きます。

上品な柄のベージュの壁紙に赤のカーテンがとても目を引き、カーテン下部を絞り窓から自然光を取り込むようにしてありますが、電球色の配色が強く温かみのある店内に自然光がアクセントという感じです。

カウンターは5席分が2つ用意され客は背中合わせになるように壁向きに配置されカーブした茶色のカウンターは店舗の高級感を演出しています。

このカーブした感じは雰囲気は全く違いますが札幌の「メイドカフェにゃーとぴあ」と配置が同じですね。

窓側にあるテーブル席はとてもクラシックで趣あるものが1卓用意ありますが、これまたヨーロピアン調の美しい柄の赤の椅子がカーテンと同調して素敵な統一感を果たしています。

予想としては給仕に関してはカウンターを利用して、テーブルはあくまでも店内のオブジェクトとしての役割ではないかと思うぐらいの高級感です。

もちろんその風景に花を添えるように調和する照明器具を使用してシャンデリアのぬくもりが優しく包むとても落ち着く雰囲気ですね。

見上げると天井まで赤なのでベージュと電球色と赤の配色が徹底されているのが見て取れます。

また木の床も温かみを感じますのでナチュラルブラウンに心休まります。

リキュールやアクセサリを置く棚の作りも大変シンプルに配置するも店内の雰囲気を邪魔しない配置になっており、チェキを撮るなどにはもってこいのとても大きなサイズのクラシックな絵画が飾られておりヨーロピアン調の池袋「ワンダーパーラー」を思い出すクラシック感です。

3:システム

 玄関の二重ドアによってその間の空間で会員制だという事を初来店の方にわかるようにしてあり、インターホンと店舗システムが書かれた冊子が用意してありますので読んで理解したうえでインターホンで呼ぶ流れになっています。

会員制という触れ込みではありますが、初来店で事前予約や別途支払うものはありませんが、会員になることで様々な特典が得られるようですので、通い続ける方でしたら会員だけのプランがあるという事なのでぜひ入会して堪能するのもよいかと思います。

初めての方用の料金設定は1時間ワンオーダー制になっています。男性はチャージ700円、女性は600円で滞在時間は女性のみ最大120分可能なので2ドリンクで滞在することができますが、一度退店して再入店はできず一日に入店することができるのは1回のみという制限がある珍しい設定になっています。

シックな店内ではありますが飲み物によってはドリンクへのおまじないがあるようでメイドカフェとしてのサービスも充実しているようですね。

メイドさんによる手作りではなく専任シェフに手によるオムライスもあり仕上げにメイドさんがお絵かきするなどエンタメ要素も盛り込み、オリジナリティとして各メイドさんによるオリジナルカクテルで各々の個性を表現しているようです。

飲み放題やカラオケなどは置いておらず、基本はカウンターで対面してトークがメインのガールズバースタイルです、メニューにはメイドさんへのご褒美ドリンクもありますのでお気に入りのメイドさんが見つかったらご褒美を差し上げるのもよいでしょうね。

4:メイドさんについて

 茶で統一されたメイド服で店内の雰囲気にとても合うクラシックスタイルのロングメイドです。

茶の質感は茶色のメイド服で有名な「@ほぉーむカフェ」よりも重厚な黒味があり店内の鮮やかな赤い風景に負けない存在感のある配色です。

またネームプレートも高級感があり茶の衣装の上できらりと光る金色のプレートがとても良いアクセントですね。

ルポリアという店名が癒しの場所という意味を成してそこに天使が降り立ちメイドの姿をしてもてなす、という事がコンセプトとらしいのでメイド姿の天使というと名古屋の「エンジェルメイド」、大阪「アラアルバ」などが近いでしょうか。

伺ったこの日は4人メイドさんがいらっしゃいましたが、お出迎えから店舗利用案内をしてただいたのが「くれ」さんかと思われます。

途中退室されたので代わりに対応してくださったのが「めい」さんで、終盤お声がけしてくださったのが本日初給仕の「タナカ」さんでした。

「めい」さんはベテランのメイドさんのようでてきぱきと指示を出し営業が円滑に進むようにしながらも自身もしっかりと接客をする余裕があり、見ていて気持ちの良い手際の良さでした。

お酒を提供する店舗でもあるのでお酒の種類などいろいろ教えてくださいました。メイドさんたちの中で一人だけイヤホンをしているあたり、裏方との連携も常にしっかりとっているのだと思いますのでリーダー的存在でしょうね。

「タナカ」さんは黒髪のめがねっ娘さんで、隣の客のテキーラショットの注文にてこずりそれを見かねて「めい」さんに手助けしてもらう様子を見て駆け出しのメイドさんの必死な様子がとてもかわいく見えました。

お話しする中終始マスクでの給仕ですから呼吸の旅に眼鏡が曇る「眼鏡あるある」が私にもよくわかるひと時でした。

マスクをしての給仕というのが2020年最初で最後になるのを祈るばかりですが歴史を刻む出来事でもありますね。

ツイッターでもハッシュタグにメガネ萌えを推している方ですから眼鏡の話を振ったらより話に花が咲きそうな予感でした。

初給仕という事で記念にチェキを撮ることにし、「タナカ」さんの初チェキの落書きも初々しさがあふれ思い出の一枚となりました。

5:感想

 この場所には以前「メイドカフェサンクチュアリ」が入居していましたが、2019年の閉店の後、2020年2月に新規オープンしたようですね。

以前の店舗とかかわりがあるかは不明ですが、雰囲気ががらりと変わり同じ神奈川県内でしたら藤沢市「モンテシート」に近しいものを感じました。

「めい」さんにも同じことを投げかけてみると来店客のメイドカフェに明るい方から同じことをよく言われるとお答えいただきました。

クラシックな雰囲気が好きな方でしたらこちらの店舗と藤沢の店舗は東海道線で行き来できますからはしごしてみるのも楽しいかもしれませんね。

また開店時間が11時からと大変早くランチ時に伺えるということと、当日先に伺った「シュガークローゼット」さんでお会いしたお客さんからこちらの店舗のパスタが非常に美味しいという口コミを頂きましたので食事をとる目的にしてもよいかもしれませんね。

玄関にある会員制という文言に対しては様々な意図があるように思えますが、メイドカフェの利用方法をご存じの方なら臆することなく入店できるかと思いますので気にならいですよね。

会員制であることのメイドカフェ運営結果というものが非常に興味深く、利用する側の意見よりも運営側のメリットデメリットというものを考察してみたいと思いました。

店舗システム時にも会員入会をお勧めいただきましたが、私には予算的に手を出せない金額でしたので横浜を重点的に回る際には入会するのもよいかなと思いました。

会員になるだけの特典もあるかと思うのでこれから「ルポリア」へお越しの方は高級感あふれるメイドカフェを堪能して更にメリットを感じたら入会してみるのもよいでしょうね。

店内撮影許可済

追記

2020年12月9日、500店舗達成お礼参りに伺いました。

「タナカ」さんに再会する目的でしたので、当日いらっしゃることを前もって確認して伺い、無事半年ぶりにお会いすることができました。

給仕が多ければ顔を覚えておくのは大変難しいですが、初給仕に初チェキを撮ったときのことをすぐに思い出していただき大変光栄でした。

半年ぶりの来店でしたが店内は変わらず格式高い雰囲気で「タナカ」さんと楽しく談笑しながら過ごすことができ、再度記念にチェキをとりました。

給仕の姿勢もチェキのイラストにも多分の経験を積んだ様子が見られ、チェキを見比べるまでもなくメイドさんとして立派になった姿を見られて私も大変うれしく思いました。

「タナカ」さんとはメガネ萌えについてまた深くお話ししたいなと思いつつ退店しましたが、これからも給仕に頑張っていただきたいと願いつつ…応援しています、がんばってください!

再追記

2020年3月26日、「タナカ」さん卒業の一報を聞き来店しました。

初めてお会いしたのは6月4日、丁度横浜遠征で「シュガークローゼット」さんに訪問した後に店舗に来店した時でした。

丁度給仕初日という事で、わからないことだらけであたふたしていましたとおっしゃっていた通りで初々しい姿が大変印象的でした。

次回は約半年後の11月、コンカフェ探訪500軒を達成したところでお世話になった店舗へのお礼参りに来店する際に、「タナカ」さんがいらっしゃる日を予定日として伺いました。

突然のご報告で大変驚きましたが、数少ない「メガネ萌え」を共有できる方だっただけにすぐにでも伺おうという事で残り3日ある給仕の初日に来店しました。

11時開店時には「あろま」さんも給仕されていらっしゃいましたが、こちらの方も4月上旬で卒業と、ちょうど卒業される方が多く、ルポリアさんもこの季節を境に人員が変わるようですね。

当日は「タナカ」さんが歴代使用していた眼鏡もご持参されており、当人曰く「メガネが本体」とおっしゃっていましたが、メガネ愛に溢れるお話をたくさんしていただきました。

過去に撮ったチェキを見返してみるとメガネの変遷もさることながら、「タナカ」さんのメイドさんの経験を積まれた自信も感じられるように見え、立派なメイドさんになったと感慨深いものがありました。

もしメイドさんの世界に戻られることが有れば、またメガネ談義でもして語り合いたいな、と最後のご挨拶をして後にしました。

どこかでまた出会うことがあれば幸いです、「タナカ」さんお疲れさまでした。

タナカさんが3人

6:まとめ

  • 重厚な雰囲気、チャイムを押してからのお出迎えが楽しい
  • 会員になると特典がたくさんある
  • カウンターのみでメイドさんがしっかりお話を聞いてくれる

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×6

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:横浜メイド喫茶ルポリア

住所:神奈川県横浜市西区浅間町2-95-3ハイツ・ラ・ビスタ201

電話:不明

営業時間:11時~22時

ウェブサイト:https://repostopia.sakura.ne.jp/

ツイッター :https://mobile.twitter.com/maid_repostopia

地図:

神奈川県横浜市西区浅間町2-95-3
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.