メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【大須】黒猫メイドカフェ廃墟のエヴァレット大須店に行ってきました

更新日:

2021年9月16日訪問。

名古屋市中区の黒猫メイドカフェ廃墟のエヴァレットに行ってきました。

エヴァレットはどんなお店かしら?

ほんわかするような温かみあるお店だね!
メイドさんの手料理やトークで楽しめるからおすすめだよ!

1:お店の場所

【大須のシンボル招き猫起点】

 招き猫起点から歩いて約2分ほどのところにあります。

①招き猫南側を向き次の丁字路を右折します。

②80mほど直進して右手に見える「文珠小路」を入りすぐ左手に店舗があります。

小路入り口に店舗一覧からマスコットキャラが描かれ分かりやすいのと、開店時間外にも看板が出ているので確認ができます。

雨の日は北側にある東仁王門通りのアーケードのあるこちらから向かうのが便利です。

2:雰囲気

 インパクトある店舗ロゴに注目しつつ玄関を見やると、木目の扉のわずかな隙間から店内の柔らかいな色調の店内が伺えます。

電球色で彩られた店内は玄関と同じく茶系の木目デザインがふんだんに取り込まれ、合わせてベージュの壁面に光が吸収され大変落ち着く色合いになっています。

店内撮影許可済

温かみのある照明にはリラックスする効果があるのか、秋葉原「橙幻郷」に近しい、店内にいるだけでも癒されるような印象が強く残りました。

カウンター内は大変広く、調理器具がたくさん用意してあることから推察できる通り、こちらの店舗ではメイドさんがすべて手作りで料理されるとの事です。

カウンターでの語らいをそのままに、メイドさんが振る舞う手料理が仕上がる様を見て楽しめるというのも良い風景ですね。

これこそオープンキッチンの醍醐味かと思いますが、大阪「カフェポコ」の様な料理にも期待できる、というの大変アドバンテージがありますね。

店内の間取りは入り口から中央部に奥へ向かってカウンターが6席、L字に曲がり4席の計10席となっています。

テーブル席は入り口から右側へ壁面をなぞるように奥へ5卓、全て2人掛けなので10人分収容でき、店内は最大で20名入れるようになっています。

通路はしっかりと確保してあるためメイドさんが往来しても問題はなく、軽やかに客人の元へ歩み寄り気軽に会話するあたりは秋葉原「ハニーハニー」を思い出しますね。

3:システム

 飲み放題制で営業しています。

30分単位での滞在が可能となっており、タイムチャージ料金は男女共通の800円、アルコールの飲み放題は+600円で30分毎に加算されていきます。

ソフトドリンクは約18種ほどから選択可能で、アルコールは生ビールも飲み放題に入っているほか、梅酒や焼酎、リキュールはソフトドリンクで割ってカクテルの様に注文できるようです。

ウィスキーは追加料金でいただけるようになっていますので、ラインナップはメニューを参照しましょう。

フードメニューは上述した通りオーダーするとメイドさんが調理してくださいますから、「メイドさんの特製出汁巻き卵」などアミューズメント要素が高い料理を頼むとより盛り上がれそうな予感ですね。

コンカフェ定番のオムライスがメニュー表に載っていませんが、その他のメニューでお絵かきがあるかもしれませんから、気になる方は問い合わせてみましょう。

その他エンタメメニューとしてチェキが800円から、メイドさんに差し上げるドリンクは800円などカウンター越しでなく席の横でお話しするシーンが多いですから、盛り上がった際には差し上げると喜ばれるでしょうね。

ポイントカードも発行しており、1000円で1ポイント24ポイントで満了となり、特典は明記されていないのでまずは満了まで貯めて聞いてみましょう。

4:メイドさんについて

 当時間いらっしゃったのは「なる」さん、「かなの」さん、「すずめ」さん、「くろあ」さんと「ねもうす」さんでした。

「なる」さんはショートカットのかわいい方でシステム面を詳しく教えてくださいました。

「かなの」さんはリーダーの様な風格がありハンドリングが上手で会計を任されていました。

「すずめ」さんは自称舌足らずということでかわいい口調が印象的で、お料理精進中との事で応援したくなる方でした。

「くろあ」さんはフレンドリーに接してくださる方で姉妹店のお話をさせていただきました。

「ねもうす」さんは新人さんのようでしたが、退店時にご挨拶のみとお話は次回に持ち越しになってしまいましたが、一瞬でも丁寧さが伝わる人柄でした。

当店のメイド服は統一された黒系の服装になっています。

マスコットキャラクターと同様のデザインを着こなしていて、大変スリムに映るスタイリッシュなラインが印象的です。

姉妹店の栄とは異なるデザインの為、白のラインはローズマダーへ変更、肩ひもから降ろすワンピースも肩を覆うデザインへと、姉妹店で衣装を異にするのもはしごして見比べる楽しみとなるでしょう。

また黒猫つながりだと「黒猫メイド魔法カフェ」なども有名処ですが、メイド服のデザインが違う事で印象が多分に変わりますから、見て楽しむというのもメイドカフェ巡りの妙でもありますね。

5:感想

 2021年9月の名古屋遠征で急遽巡店ルートに取り込んだ店舗でした。

3年前は栄店へ伺ったのを憶えていますが、当時はメイドさんがツンツンした方が多い印象があり、今回の大須店は逆に朗らかな方が多い印象を受け、制服のみならず対応するコンセプトも分けているのかと姉妹店を比べたくなる興味深い来店となりました。

店構えだけのメイドカフェではなくしっかりと世界観を練り込んだコンセプトとなっており、悲壮感さえ感じるストーリーにも関わらず、それを払しょくするかのようなメイドさんも客人も笑顔の溢れる店内風景に大変ほっこりしました。

店内も相乗効果があるかのような温かみある風景でまったりできましたし、14時開店から少々時間経過してから入店、滞在しましたがその後も続々と客人の来訪が重なりほぼ満席となる当店の人気の高さも知ることができました。

30分単位で気軽に立ち寄れるというのも良い効果と思いますので、ちょっとした息抜き休憩にと利用できる店舗かと思います。

大須店のみドイツ語で店名に併記があるのでその意味を聞きにまた来店したいですね。

6:まとめ

  • 栄エヴァレットの姉妹店
  • 温かみある色合いの落ち着く店内
  • メイドさん手作り料理が熱い

参考になったら行ってみてね!

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×7

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:黒猫メイド廃墟のエヴァレット大須店

住所:愛知県名古屋市中区大須3-42-26

電話:052-217-3013

営業時間:14時~22時

     火曜定休

ウェブサイト:https://www.evarett.com/

ツイッター :https://twitter.com/Schwarz_evarett

地図:

愛知県名古屋市中区大須3-42-26
スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ
-, ,

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.