メイドカフェ探訪記-アーカイブ

【心斎橋】メイドカフェシャノワールに行ってきました

更新日:

2021年4月5日訪問。

大阪市中央区のメイドカフェシャノワールに行ってきました。

1:お店の場所

(戎橋を起点とします)

 戎橋から徒歩約6分ほどのところにあります。

①戎橋北側の交差点を左折して信号を渡り久左衛門町通りに進みます。

②信号から60mほど進み次の交差点を右折します。

③100mほど直進すると二つ目の交差点の左手前のビル2階に店舗があります。

東側からビルに入ると左手に2階への階段があり、開店時間外でも店舗入り口に立て看板が出ているので確認ができます。

2:雰囲気

 ガラスの扉の向こうにとてもおしゃれなショットバーの風景が広がります。

店内は思った以上に広く、正面に見えるカウンターは8席、右側面にはソファ席で6席分用意されています。

全体的に黒を基調とした内装で、ソファも明るめな茶で落ち着いた雰囲気になっており、広い空間が気持ちにも余裕を持たせてくれる大変ゆったりした仕様になっています。

左手には喫煙室を設け、完全分煙されているので喫煙されない方に嬉しい設備が備わっていると同時に、メイドさんも喫煙する方はこちらを利用するとの事です。

ですので、営業中もメイドさんが喫煙所にいらっしゃる風景が見られるのと、「喫煙所は社交場」とも喫煙者からいわれるように、もしかしたら席と喫煙所で2つの場面でメイドさんとお話ができる感じにもなるかもしれないですね。

店内中央にはひときわ目立つ赤のステージが鎮座しており、こちらでリクエストがあった場合にメイドさんがステージに上がり歌うようです。

ワンポイントの獣の足跡がかわいくあしらわれていて、川崎「ユナマノミニ」のファンシーな壁紙を思い出します。

関連記事:「メイドカフェバーユナマノミニに行ってきました

店内BGMは2台のモニタからアイドル系のライブ映像が流れており、コンセプトはアニメ系というよりもアイドル系の曲に重きを置かれている感じでした。

全体的にはショットバーの様相なのでカウンターでお酒を飲み楽しむのがメインになりそうですが、メイドさんにリクエストをしてライブを楽しみたい方はソファ席の方が見やすいですね。

中央部にスペースを空けている分カウンター内は最小限にとどめており、キッチンスペースは無いようです。

店内撮影許可済

3:システム

 ワンドリンクオーダー制で営業しています。

チャージ料金は60分500円、自動延長制となっているため時間は自身で確認しておきましょう。

延長料金は初めと同じで60分刻みで500円、追加のドリンクをその再注文する必要がありますので気を付けましょう。

ドリンクはソフトドリンク600円、アルコール類は800円でほぼ統一され大変明朗な設定となっており、スペシャルドリンクとしてシャンパンなどが置いてあるのはショットバー要素の強い当店だけという事ではなく、今時のメイドカフェのデフォルト設定ですね。

当然萌えメニューと表してチェキやキャストドリンクが800円、歌のリクエストも500円でありますから、メイドさんとの交流にも利用できるツールがあるのはとてもよいと思います。

先述した通り、キッチンスペースがかなり限られているのが目視できましたが、メニュー表にも記載がないフードに関してはナッツなどのスナック類も置かず、原則客人の持ち込みや出前で対応しているとの事で、何と持ち込み料は無料となっています。

夜通し営業する日もあるとの事なので、歓楽街らしいアメリカ村ならではの夜をにぎやかに過ごすためには、持ち込みに関して寛大なのかもしれません。

逆に2021年4月は感染予防のために飲食店が早仕舞してしまうので、早めにフードを取り寄せて店内で飲食しながら過ごすという新しい利用方法もありそうです。

4:メイドさんについて

 当時間いらっしゃったのは「於菟(おと)」さんでした。

本来17時開店で3名で給仕予定だったようですが、お1人お休み、お1人18時からと変更の為、ワンオペで開店業務をこなしている様子が店舗の外から見えました。

「於菟」さんは強い獣が好きとの事で虎の異称のお名前でいらっしゃるようでした。

イベント日か不明でしたが、茶の短めの獣みみを付けていて終始穏やかな口調でお話しされる、落ち着いた雰囲気の方でした。

お給仕されて1年半程とベテランさんで、2020年の営業時は姉妹店「ラピスラズリ」にて注文受けたお弁当をこちらの店舗へ運んで販売していた、など一時期お弁当屋さんとしても営業していた経緯をお話ししてくださいました。

18時あたりでいらっしゃった方のメイド服がちらっと見えましたが、服に関しては統一されていないようでした。

「於菟」さんは茶系の肌面積の広めなメイド服をお召しになっていましたが、デザインが「モアキュン」さんで見たキャンディフルーツ製の様な感じでした。

関連記事:「メイドカフェモアキュンに行ってきました

こちらの店舗ではアイドルを輩出している企業が経営されているとの事で、店頭告知に貼られたライブイベントも当店で給仕されている方が出場するらしく、メイドカフェとアイドルプロデュースの融合は札幌「メイドカフェあみゅーる」や札幌「ドリームランド」を思い出しますね。

関連記事:「メイドカフェあみゅーるに行ってきました

関連記事:「カフェドリームランドに行ってきました

5:感想

 2021年の大阪旅行では事前にメイドカフェを検索していた結果、アメリカ村にもメイドカフェがある事を知り、ルートに取り入れました。

以前こちらのビル内に「巫女堂」というコンカフェがあった事を知っていたので場所はわかりやすく、道頓堀方面からもアクセスは容易で日本橋とはしごする際もそこまで気にならない距離感でした。

内装がショットバーの様なおしゃれな雰囲気が大変落ち着いていて、終始まったりと時間を過ごさせていただきましたが、給仕されるメイドさんと来店客のパーソナリティと、夜以降のアメリカ村の性質を考慮すると時間帯によっては雰囲気は一変するものと思います。

賑やかなショットバーが展開されるならば、中野「エンジェルドリーム」の様にテンション上げて楽しめるかと思います。

関連記事:「メイドカフェ&バーエンジェルドリームに行ってきました

こちらの店舗ではまったりしたい場合は開店から早い時間帯の来店、にぎやかに過ごしたいなら遅めの来店とルートに組み込むとより自分に合った空間で過ごせるのではないかと思います。

今回は「於菟」さんの立ち振る舞いと、開店まもなくで貸し切り状態だったため私にとっては大変居心地のよい場所を提供してくださいました、感謝です。

6:まとめ

  • ショットバーのおしゃれな内装
  • メイドさんへの歌リクでたのしめる
  • フード持ち込み無料

7:萌指数(10段階)

※店舗の評価ではなく萌えを感じた指数です

萌×6(於菟さんの落ち着いた雰囲気のお給仕に+1)

8:スタイルカテゴリ

≪メイド≫ライトガールズバースタイル

9:店舗情報

※来店当時の情報に基く:詳しくは店舗HP、ツイッターをご覧ください※

店名:メイドカフェシャノワール

住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-8-33アメ村スクエア2階

電話:不明

営業時間:17時~23時

ウェブサイト:無し

ツイッター :https://twitter.com/chat_noir_r

地図:

大阪市中央区西心斎橋2-8-33

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-メイドカフェ探訪記-アーカイブ

Copyright© くうるどっぐのメイドカフェ・コンカフェガイド , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.